« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月30日

アジカンはまり中

昔から割と好きだったASIAN KUNG-FU GENERATIONですが、最近妙に聴き込んでます。
昔のアルバムから最近出たカップリングベストまでランダム再生とかでね。

そんなアジカンが次に出すシングルはなんとアニメ映画の主題歌ですよ。

鉄コン筋クリート

皆さん、知ってましたか?
僕はてっきり浦安鉄筋家族が映画化されるのかと思いました。

○ASIAN KUNG-FU GENERATION
Single:或る街の群青(2006/11/29発売)

投稿者 nobuhiro : 22:06 | コメント (17) | トラックバック

2006年11月29日

トローチマーチ

実は先日の名古屋帰りあたりから風邪を引いてたんですが、昨日あたりからずっと喉が痛いのです。
熱とか気だるさは日曜あたりで治っちゃったんですが、その代わりにどんどん喉が悪化してきた感じ・・・

というわけで喉飴では1μの役にも立たない状態だったので、会社ビルの薬局にてトローチを購入。
18個入りで586円。

さすがに喉飴と比較するとなかなかの効用なのですが、思わぬ副作用が。。眠い。。非常に。
いつも眠たいときには身体にシャーペンを突き刺してるんですが、今日の回数は尋常じゃなかったからね。

投稿者 nobuhiro : 22:15 | コメント (17) | トラックバック

2006年11月26日

名古屋旅行まとめ

23日~25日と行って来ました。以下、訪問先を列挙です。

<23日>
あつた蓬莱軒[ひつまぶし]
東山動物園東山スカイタワー
世界の山ちゃん[手羽先 等]

<24日>
ボンドコーヒー[小倉トースト]
大須めぐり・大須観音
名古屋港水族館・観覧車
山本屋総本家[味噌煮込みうどん]
風来坊[手羽先テイクアウト]

<25日>
コメダ珈琲[シロノワール]
名古屋城
矢場とん[みそかつ]

特に食に関してはなかなかの豪遊っぷりですな。
というわけで、3日間で名古屋在住1年分にも匹敵するくらいの名古屋尽くしな旅でした。

投稿者 nobuhiro : 11:04 | コメント (12) | トラックバック

2006年11月22日

4連休~そして名古屋へ

金曜日にお休み頂いての4連休です。
連休中は同期と名古屋に行ってきます。約半年振りの名古屋訪問。

一応2年間名古屋に住んでたということで、自分メインで名古屋案内するんですが、はたしてうまく案内できるのだろうか。。
栄のちょっと入り組んだところにでも行くと、即迷子になるのは目に見えてるんだけど・・・
ま、今回はディープなところにも行く予定は無いからきっと大丈夫でしょう。

しかしマウンテンが休業中でホント良かった。

投稿者 nobuhiro : 22:27 | コメント (14) | トラックバック

2006年11月19日

ORACLE MASTER Bronze DBA 10g

本日受験してきました。

あんまり勉強していないにもかかわらず、無謀にも満点目標で挑んでみる。
が、予想以上に問題の難度が高くあえなく撃沈・・・
尚、正解率は41問中の31問。合格点は21点なので無事合格できました。

でもこれだけの勉強量で受かったのは、やっぱり先日受講した研修のおかげだと思ってます。
ありがたやー。

さて、Bronze取得にはあとSQL基礎Ⅰを受けなきゃいけない。
なんとか第3四半期中には取っておきたいもんだ。

投稿者 nobuhiro : 15:22 | コメント (18) | トラックバック

2006年11月15日

クレイモア

先日の人間ドックの初日、11時半にその日の検診が終わり、ホテルにて昼食を済ましたのがおよそ12時半。
うん、暇だ。笑っていいともは好きじゃない。

ということで久し振りに漫画の大人買いです。
CLAYMORE クレイモア
月刊ジャンプで掲載中、この度アニメ化が決まり、程よく盛り上がってる感じです。

僕が月刊ジャンプを購読してた若かりし頃に掲載されてたエンジェル伝説ってのを描いてた人の作品なんですが、あれはギャグでこっちはとってもシリアス。

ベルセルクが好きな人にはとっても楽しめるらしいです。
興味のある人は是非。

投稿者 nobuhiro : 22:14 | コメント (13) | トラックバック

2006年11月14日

人間ドック2006

ホテルフランクス昨日今日と仕事を休んで人間ドック行ってきました。人生初でございます。

何気に身長が1cm伸びてたのが謎だったけど、とりあえずの診療結果はどこも異常なし。
一安心一安心。

しかし初挑戦の胃カメラはきつかった。
近年のめまぐるしい医療の発達により、胃カメラって凄い細くなったんだよ。

そう思ってた時期が僕にもありました。
胃カメラ太ぇよ。怖ぇよ。

でもびびってたわりには意外に卒なくこなしてみせたのは自分的には及第点越えですな。
お医者さんにも「初めてにしては落ち着いてる。やりやすいわぁ♪」と言わしめたくらい。
まー当分は勘弁したいところだけど・・・

画像は今回のドックで泊まったホテル。
無駄に良いように撮れてますが普通でしたよ。
しかし口惜しきは、朝が絶食のため、ホテルの朝食バイキングを堪能できなかったことよ。

投稿者 nobuhiro : 18:22 | コメント (15) | トラックバック

2006年11月11日

寿司食い放題について

来年は亥年ですね今日は大学時代の友人達と銀座で飲んできました。

行った店は雛鮨、頼んだメニューは寿司食い放題、お酒飲み放題。
寿司好きな自分に取ってはこの上無いおもてなしよ。と言うか企画者は自分ですが。

いやーしかし色んな寿司を食ったね。

とろ、平目、えんがわ、サーモン、アジ、かつお、サンマ、イカ、タコ、甘エビ、いくら、うに、太刀魚、穴子、あわび 、カニ味噌、ふかひれ、馬刺、etc・・・

途中から食い過ぎで気持ち悪くなってきて、もう寿司なんて見たくもないしメニューを見るだけでテンションが下がるくらいの勢いだったのですが、今このブログ書いてるとまた食べたくなってきてるのが凄いもんです。
いや、すみません、とりあえず今はいらない。

ちなみに画像は飲み前に立ち寄った鳩居堂で購入した来年のカレンダー。
3月19、20 or 22、23日に是非年休を入れたいですね。

投稿者 nobuhiro : 23:13 | コメント (16) | トラックバック

2006年11月06日

最近読んだ本

『他人を見下す若者たち』 速水敏彦
『国家の品格』  藤原正彦
『人は見た目が9割』 竹内一郎

最近超スローペースながらこれらの本を読み終えました。
主題の異なるこれらの本ですが、人間力を鍛えるという観点から見ると、どれも突き詰めると同じようなことを言ってる気がします。自分を律して他人を敬う系な感じね。
だいぶ前に読んだ、『バカの壁』とか『下流社会』も同じ感じを受けました。

これらはそうした”気付き”を与えてくれた点は有益だったんでしょうが、最近こう言った人を惹きつけるようなタイトルで買わせる本が多いなぁって思います。
『人は見た目が9割』 とか『下流社会』は完全にタイトル負けしちゃってるくらい中身がない。

この中でのお勧めは断トツ『国家の品格』ですかな。
既に多くの方が読んでそうですが、未読の方は是非是非。

投稿者 nobuhiro : 22:06 | コメント (13) | トラックバック

2006年11月05日

板購入☆

幕張メッセでやってたウィンタースポーツフェスタにて、新しいボード板を購入してきました。

購入板はBurtonの『Air』 156cm。

当初はまったく候補に無かったAirですが、店員さんと相談の上、CustomXと迷った挙句に購入。
流石にSevenとかDominantといった、あからさまに曲者な板には挑戦しなかったわけですが、このAirもその名の通り、エアー標準のデザインらしい。
とは言っても、今年もそんなに飛ぶ気は無いですが。。

うん、しかし冬がかなり待ち遠しくなった。
とりあえずまだビンディングの取り付けもやってないから、そこからして楽しみだわぁ。

投稿者 nobuhiro : 21:08 | コメント (16) | トラックバック

2006年11月03日

横浜遠征

自分は3連休には大きな予定を入れたくない人間なので(意味不明)、このところの3連休はひたすら暇だった記憶しかありません。

で、今回はそうはなるまいと必死に頑張ってみたわけですよ。
しかしやっぱり3連休ともなると皆さん色々と予定を入れてるものなんですね。学びました。

そんなわけで結局一人で横浜行ってY勤めの同期とブラブラしてきましたと。
しかし、まー二人だと大人数でいるよりも気楽で良いもんです。ダラダラできます。

さて、みなとみらいでは何もアトラクションも乗らず、赤レンガ倉庫では人の多さから数十秒で外に出て、中華街で入った店のサービス料10%がいただけなかったという今回でしたが、それはそれで大いに良しです。
楽しかったよ。

でも横浜は男同士で行くもんじゃねぇな。

投稿者 nobuhiro : 23:21 | コメント (16) | トラックバック

2006年11月01日

green cafe

地元富山は黒部に存在するgreen cafeという飲食店。
このサイトで配信されているFlashアニメがマジでヤバイです。

green cafe(※注意:音が出ます。)

サイトメニューの「anime」から見ることができますが、富山人以外には何言ってるかまったく不明なんだろうなー。
抜群のセンスと富山弁で繰り広げられる本アニメ。
これは富山出身で今富山に住んでない人に是非見てほしいですね。

投稿者 nobuhiro : 22:55 | コメント (16) | トラックバック