« 2011年07月 | メイン | 2011年09月 »

2011年08月08日

タイ旅行記 Vol.3 〜クルージング&アユタヤ編〜

2日目!

HISオプショナルツアーにてアユタヤ観光してきました。

バンコク〜アユタヤは電車・バスで1時間半程度なのですが、今回はクルーズ船での移動プランをセレクト。
チャオプラヤ川を優雅に3時間半かけて北上します。

ホテルからは専用車で船着き場へ、30分かけ到着したそこにはすでにJTB等々の他の日本人ツアー客が。

パッと見て20人くらいでしょうか。
他にも様々な国からの観光客がパラパラといました。


そうこうしてるうちに船が到着。


年季は入ってそうながらでかいし立派!
この人数にしてこの船って結構贅沢じゃんね、と思考を巡らせつつ乗船。

だけども乗り込んだのはガイド除くと6人の日本人客のみ!

予想だにしなかったほぼ貸し切り状態!

そんなわけで船内ビュッフェも、、、


6人では食べきるどころか盛り付けの様相を変えるにも至らず。。。

なお、クルーは15人はいたと思われます。
一応200人乗れる船だそうで。。。

そんな訳で満腹状態にて無事アユタヤ到着。


巡った観光地、そのどれも素晴らしい建造物でテンションMAX。
遺跡好きにはたまらんよ、まったく。

反省すべきはタイ歴史を少しでも事前に学んでおくことでした。
感じるところも少し変わったかも。。。勿体ない。


訪問先メモ:
 ・バンパイン宮殿
 ・ワット・ヤイ・チャイ・モンコン
 ・ワット・プラ・マハタート
 ・ワット・プラ・シー・サンペット
 ・アユタヤ・エレファント・ライド(象乗り体験)


余談、どこかの観光地の入り口で怪しいおっさんから、
「のび太!のび太!」と。
所謂ガンシカでしたが、Chineseと間違えられるよりマシなのかな。

投稿者 nobuhiro : 18:10 | コメント (17) | トラックバック

2011年08月04日

タイ旅行記 Vol.2 〜ロブスター編〜

移動日である初日のお話。

無事ホテルに付いたのは夕方頃。

早速周辺を散策することになり、夕飯はシーフード食いたくね?
ってことで突発的に行ってきました。


シーフードマーケット。
ガイドブック御用達であろうレストランです。

ここのシステムが面白い。

・好きな食材を自由に見て回りレジカゴへ(シーフード、野菜、フルーツ等)
・テーブルに戻り好きな料理方法をセレクト(BBQ風、ボイル、フライ等)

豊富な食材に囲まれる中、目に入るのはどでかいロブスター。


食材値段はキロ単位で値札が付き、同じロブスターでもサイズや生/冷凍で倍以上の値幅があります。

狙いどころの鮮度抜群、生きたロブスターは1kg約4000฿(1฿≒3円)。
さすがに1kgも無いだろう見込みと勢いでカゴの中へ。

(こりゃうまそうだ。)※興奮してて画像なし

そしてその他シーフード、野菜、フルーツをカゴにぶち込み、いざレジへ!

レジ:「本当にいい?このロブスター4300฿するけど大丈夫?」
私:「・・・」
レジ:「Change?Change?(急かす感じで)」
私:「チェ、チェンジ!」

甲斐性なしで申し訳ない。
が、ここは割り切り、冷凍物の2000฿レベルで我慢、適当に調理方法を選択。

結果、美味しかったし良いのです。


帰りに本場のスコールの洗礼をくらいながらも初日無事終了です。

投稿者 nobuhiro : 21:44 | コメント (34) | トラックバック

2011年08月01日

タイ旅行記 Vol.1


5泊6日の行程でタイ旅行してきました!

高密度な旅。
書くネタ豊富すぎて収集付かなさそうなのだけど、
とりあえずVol.1ということで全体総括から。


日本人的にはとっても過ごしやすく良いところ。

欲しいものは何でも揃うし、料理も美味しい。
数日間で一度もお腹下さなかったのは日本でも滅多にないことだよ。


政治・経済的にも大変興味深く、特に驚異的なのが雇用について。

なんと2011年3月のタイの失業率は0.7%だそうな。
これに伴いタイでは深刻な労働力不足に陥っており、海外企業が進出する際の大きな障壁となっているらしい。


あと、圧倒的なリーダ(ラマ9世)の存在が率直にうらやましい。
国民に信頼されるに足る言動と国策の実行、そして結果。
日本としても学ぶところは多いのではなかろうか。


と、まじめな話をするつもりはなく、ただただ素晴らしかった今回の体験をかいつまんでご紹介していければと思います。

やる気が持続すればですが下記あたりかな。

・ロブスターと洗礼
・貸切クルージングからのアユタヤ
・乗り物事情
・タイ料理の素晴らしきこと
・シュール旅、カンチャナブリ

投稿者 nobuhiro : 21:44 | コメント (17) | トラックバック