2011年08月08日

タイ旅行記 Vol.3 〜クルージング&アユタヤ編〜

2日目!

HISオプショナルツアーにてアユタヤ観光してきました。

バンコク〜アユタヤは電車・バスで1時間半程度なのですが、今回はクルーズ船での移動プランをセレクト。
チャオプラヤ川を優雅に3時間半かけて北上します。

ホテルからは専用車で船着き場へ、30分かけ到着したそこにはすでにJTB等々の他の日本人ツアー客が。

パッと見て20人くらいでしょうか。
他にも様々な国からの観光客がパラパラといました。


そうこうしてるうちに船が到着。


年季は入ってそうながらでかいし立派!
この人数にしてこの船って結構贅沢じゃんね、と思考を巡らせつつ乗船。

だけども乗り込んだのはガイド除くと6人の日本人客のみ!

予想だにしなかったほぼ貸し切り状態!

そんなわけで船内ビュッフェも、、、


6人では食べきるどころか盛り付けの様相を変えるにも至らず。。。

なお、クルーは15人はいたと思われます。
一応200人乗れる船だそうで。。。

そんな訳で満腹状態にて無事アユタヤ到着。


巡った観光地、そのどれも素晴らしい建造物でテンションMAX。
遺跡好きにはたまらんよ、まったく。

反省すべきはタイ歴史を少しでも事前に学んでおくことでした。
感じるところも少し変わったかも。。。勿体ない。


訪問先メモ:
 ・バンパイン宮殿
 ・ワット・ヤイ・チャイ・モンコン
 ・ワット・プラ・マハタート
 ・ワット・プラ・シー・サンペット
 ・アユタヤ・エレファント・ライド(象乗り体験)


余談、どこかの観光地の入り口で怪しいおっさんから、
「のび太!のび太!」と。
所謂ガンシカでしたが、Chineseと間違えられるよりマシなのかな。

投稿者 nobuhiro : 18:10 | コメント (17) | トラックバック

2011年08月04日

タイ旅行記 Vol.2 〜ロブスター編〜

移動日である初日のお話。

無事ホテルに付いたのは夕方頃。

早速周辺を散策することになり、夕飯はシーフード食いたくね?
ってことで突発的に行ってきました。


シーフードマーケット。
ガイドブック御用達であろうレストランです。

ここのシステムが面白い。

・好きな食材を自由に見て回りレジカゴへ(シーフード、野菜、フルーツ等)
・テーブルに戻り好きな料理方法をセレクト(BBQ風、ボイル、フライ等)

豊富な食材に囲まれる中、目に入るのはどでかいロブスター。


食材値段はキロ単位で値札が付き、同じロブスターでもサイズや生/冷凍で倍以上の値幅があります。

狙いどころの鮮度抜群、生きたロブスターは1kg約4000฿(1฿≒3円)。
さすがに1kgも無いだろう見込みと勢いでカゴの中へ。

(こりゃうまそうだ。)※興奮してて画像なし

そしてその他シーフード、野菜、フルーツをカゴにぶち込み、いざレジへ!

レジ:「本当にいい?このロブスター4300฿するけど大丈夫?」
私:「・・・」
レジ:「Change?Change?(急かす感じで)」
私:「チェ、チェンジ!」

甲斐性なしで申し訳ない。
が、ここは割り切り、冷凍物の2000฿レベルで我慢、適当に調理方法を選択。

結果、美味しかったし良いのです。


帰りに本場のスコールの洗礼をくらいながらも初日無事終了です。

投稿者 nobuhiro : 21:44 | コメント (34) | トラックバック

2011年08月01日

タイ旅行記 Vol.1


5泊6日の行程でタイ旅行してきました!

高密度な旅。
書くネタ豊富すぎて収集付かなさそうなのだけど、
とりあえずVol.1ということで全体総括から。


日本人的にはとっても過ごしやすく良いところ。

欲しいものは何でも揃うし、料理も美味しい。
数日間で一度もお腹下さなかったのは日本でも滅多にないことだよ。


政治・経済的にも大変興味深く、特に驚異的なのが雇用について。

なんと2011年3月のタイの失業率は0.7%だそうな。
これに伴いタイでは深刻な労働力不足に陥っており、海外企業が進出する際の大きな障壁となっているらしい。


あと、圧倒的なリーダ(ラマ9世)の存在が率直にうらやましい。
国民に信頼されるに足る言動と国策の実行、そして結果。
日本としても学ぶところは多いのではなかろうか。


と、まじめな話をするつもりはなく、ただただ素晴らしかった今回の体験をかいつまんでご紹介していければと思います。

やる気が持続すればですが下記あたりかな。

・ロブスターと洗礼
・貸切クルージングからのアユタヤ
・乗り物事情
・タイ料理の素晴らしきこと
・シュール旅、カンチャナブリ

投稿者 nobuhiro : 21:44 | コメント (17) | トラックバック

2010年08月07日

台湾旅行記 3日~最終日

すっかり間が開いちゃいましたが、振り返ります。

【3日目】

★台中
どこか遠くに行きたいよねーって話になり、勢いで台湾中部(台中)へ。
特急で向かったのですが、うん、まさかの自由席満席で2時間立ちっ放し。

席に座っている人のスポーツ新聞を斜めからいっしょに見てました。

台中は台湾第3の都市のようです。
台北に比べ、人も密集してなく、少しだけのどかな雰囲気。

でも台湾臭は相変わらずなのね。

★孔子廟

ガラーン孔子とその弟子が祀られている由緒正しい古蹟。

孔子は台湾において学問の神様として広く信仰されているようですね。
建物内の自習室みたいなところでは、熱心に勉強している人たちが沢山いました。

観光客は全然いなかったけどね。

なお、建物のこの色彩の使い方は台湾では珍しいようで。


★宝覚寺

でかいよきっと良いはず

孔子廟から徒歩で向かったのですが、道中の高架橋で突如その姿を現したでっかいオッサン。
高さ約30mらしいです。

日本人観光客の団体も来てましたよ。

中にも入れるかと期待してたのですが、封鎖されてました。残念。

右写真は境内で引いたおみくじ。
まったく意味わかんないぜ。くそったれー。

★逢甲夜市

密集宝覚寺を後にし、しばらく台中の街を徘徊。
オシャレお菓子屋入ったり、レコードショップで日本のCDを物色したり。

その後タクシーに乗り込み、夜市へ。
台北にも負けず劣らずの密集具合にゲンナリしながらも、期待せずに買った焼鳥がめちゃくちゃうまかった。

帰りの時間もあったので30分程度で退散。
ちょっと勿体無かったな。

★高速鉄道

新幹線そのもの帰りは日本で言うところの新幹線で台北へ。
日本の技術援助があったようで、外観、内装ともに日本のそれと遜色ないぜ。
快適でした。

これで台湾の交通機関はほぼ制覇かな。
・地下鉄(MRT)
・バス(市内バス、長距離バス)
・台湾鉄道
・タクシー
・高速鉄道

★士林夜市 その2

枝付きははじめて見た台北帰着後、2夜連続で行っちゃいました。

この日も何するわけでもなくひたすらウロウロ。
フルーツも食べたけど前日ほどの感動はなかったな。

あとは景品欲しさにダーツや輪投げを楽しんだり。
日本の祭りの屋台のイメージですね。

それが毎日開催されているなんて、ほんと台湾人はお祭り好きだぜ。

結局AM2時頃まで徘徊し、タクシー帰りでした。


【最終日】

本旅での一番の爆笑ぐでーん

★コンビニ巡り、そして帰還
出発までの空き時間を惜しんで、セブン・イレブンとファミリーマートを数店舗巡り、お土産購入。

左の写真は自分へのお土産。
中国語とマッチしすぎじゃね?

というわけで大きなトラブルもなく無事岐路に付いたのでした。
右は出発準備完了後。やり遂げた感。

台北は世界四大博物館の故宮博物院や高さ508mのTAIPEI101など、超有名観光スポットがいっぱいあるのですが、今回は全部無視。
ネタに走った感はありますが、それこそが旅の醍醐味と自分に言い聞かせ台湾を後にしたのでした。

投稿者 nobuhiro : 11:38 | コメント (14) | トラックバック

2010年07月28日

台湾旅行記 初日~2日目

ネタの宝庫な台湾旅行ですが、厳選して掲載させていただきます。
自己満足日記のため、稚文駄文ご容赦の上。

長文になるので続きは↓へ。

【初日】
空港からチャーターバスによりダイレクトでホテルへ。
到着が現地時間の真夜中1時くらい。

当初はそのまま就寝予定でしたが、ホテルフロントの人から近くで3時まで市場(夜市)やってるとの情報GET。
ワクワク感押さえきれず、ノリで向かうことに。

★ホテル近くの市場
規模もそれほど大きくなく、木曜だったためか人も疎ら。
平日の福岡の屋台みたいな感じかね。

しかし臭い。。。なんだこの臭いは。。。
謎肉の串焼き・奇妙な揚げ物・新鮮要素が見られぬ魚介類・・・とても食欲が湧きません。

こうして我々は初っ端から「台湾臭」の洗礼を受けたのでした。


枝付きははじめて見たということで唯一の購入品。
ライチでございます。
これだけの量で150元(=400円くらい)。

こりゃウメー!
めちゃ身もしまってて新鮮美味!
貪り食いました。


【2日目】

添乗員からはオススメされなかった地元バスで移動。
向かう先は有名観光どころ「九分」。

★バス
台湾のバスはとっても「せっかち」。

・人が乗ったらすぐさま出発
・乗るときに運賃不明で払えない場合、まずは出発して後で払わせる
・運転が荒い

尚、バス内ではバス停案内やアナウンスも無いので、降車ボタンのタイミングを誤るととんでもないことに。。。
うちらは予めテンパリ気味に行き先を告げていたので大丈夫だったのですが。。。

★九分
ほんと腹やべー趣あります

千と千尋の神隠しの舞台となったところらしいです。
景観もよく、街の趣もあり、素敵なところでした。

ちなみに写真の私のお腹は風でシャツが膨らんでるだけです。
そう思いたい。

★野柳風景特定区
その後再びバス移動にて基隆経由で野柳へ。
この頃はもはやバスLv30くらいいってたかな。

キモ岩その1キモ岩その2

ここは海岸自然公園として整備されており、風化や海による浸食でできた奇岩が多く並ぶところ。
キモくそしてグロい岩が大量でした。

マジテンション上がる。

なお、左写真上の鉄塔部分まで登りました。
こうして見ると頑張ったんだな。楽しかった。

★士林夜市

人がゴミのようです我ながらコントラスト素敵

素晴らしき岩々を後にし、ここでもやはりバスにて台北へ。
台湾最大の夜市に向かいます。

夜市とは

飲食物、衣料品、生活品、様々なジャンルの屋台、ショップが立ち並び、そして噂に違わぬ賑わいぶり。
老若男女関係なく入り乱れる様はアメ横を少し(かなり)小汚くしたイメージだとわかりやすいかな。

そしてやはり台湾臭。コレ、全く慣れないですね。

写真右はドラゴンフルーツ。
ナイフもわざわざ購入(1200元から150元に値切った)してホテル戻って食べました。

これまた美味。
フルーツ王国台湾万歳。

3日目に続く。。。

投稿者 nobuhiro : 21:47 | コメント (18) | トラックバック

台湾行ってきたよ

台北駅にて。何のキャラかは不明

先週末に3泊4日の行程で台湾旅行してきました。
職場や周りの理解がなかなか(全く)得られませんでしたが、同期(男)と2人でね。

初日が夜発、最終日も昼過ぎには向こうの空港だったため、正味2日の行程だったのですが、実に密度濃い旅でした。
詳細は別途UP予定ですが、ここでは旅先のキーワードを少しだけ。

・台湾臭
・せっかち
・夜市

では。

投稿者 nobuhiro : 01:32 | コメント (11) | トラックバック

2009年10月31日

熊本・大分ツアー(3/3) ~大分編~

2日目は阿蘇から北上して大分ツアー。

【黒川温泉】
といってもまだ熊本県です。

ペンションから温泉街までは順調ドライブだったんですが、目的の温泉に向かう細い路地にて・・・

・・・車(MPV)がはまりました。。。

脱出後撮影。頑張った。サイドは坂と壁。
身動きが取れない・・・。

ということで後輩2人が前担当と後ろ担当に分かれ、外から指示出し。
数cm単位のハンドリングと前進・バックを繰り返します。

もはや自分(ドライバー)も前なんて見ていません。

沢山の温泉客からの冷たい視線を感じながらも1時間くらいかけて何とか抜けました。
奇跡的に無傷の脱出劇。

ちなみにその路地、後から確認すると一般車立入禁止でした。とほほ。

紅葉もきれいだったよ良い温泉でした

 
だご汁と地鶏めし。1000円は安い!!と朝から気力を使い果たした末の温泉は格別なのはいうまでもないっす。

温泉の後は適当に見つけた飲食店でランチ。
だご汁(だんご汁)がボリューム満点でかなりのHITでした。


【九重夢大吊橋】
こうして見ると怖いですね揺れつつも頑張って撮影

大分が県を上げて大PUSHする観光地。

出張前までは存在すら知らなかったんですが、出先の方々のお勧め度がかなり高かったので行ってみました。

長さ390m、高さ173mは歩行者専用橋としてはともに日本一。

橋から眺める景色はまさに絶景。迫力満点。

あと歩いてると螺旋を描くようにグイグイ揺れるのでテンションが上がりました。


【まとめ】
というわけで満喫旅行でした。
車がはまったのは割とトラウマですが。。。

福岡滞在期間は残り1ヶ月。
せっかくだし長崎と佐賀くらいは行っときたいなぁ。

投稿者 nobuhiro : 10:52 | コメント (15) | トラックバック

2009年10月27日

熊本・大分ツアー(2/3) ~ペンション編~

泊まった宿はサンディーベル

料理が美味しいことで有名らしく後輩が予約してくれてました。

ということで出てきた料理を簡単に紹介。

前菜9種盛り。どれも凝ってて美味。生ハム。おかわり自由。

 
ニジマスのナスソース。美味。小鴨のグリル。美味。

 

大分編に続く。

投稿者 nobuhiro : 19:30 | コメント (12) | トラックバック

2009年10月25日

熊本・大分ツアー(1/3) ~阿蘇編~

昨日お伝えした通り、先日熊本・大分観光してきました。

ちょっと長くなりそうなのでダイジェストで簡単に振り返り。

【数鹿流ヶ滝】
ここまでが限界

日本百名滝のひとつらしいです。
遠くからしか見れなかったのが残念。

【草千里ヶ浜】
お昼の馬刺し定食池に突っ込む後輩K藤氏

まっぷるなどのイメージからもかなり期待大でしたが、中秋の時期だとガラリと表情を変えますね。
池も若干干からびたりでちょっと拍子抜け!?

馬にも乗れます。乗ってないけど。1時間くらい散策

でも色々散策したりトレッキング風で楽しかったですよ。

【中岳火口】
温度は50~80度くらいらしい砂千里ヶ浜

阿蘇山火口。
水が張ってるとは思いませんでした。
エメラルド色が辺りの岩の色とマッチしておりとても幻想的でした。

さて、砂千里ヶ浜を散策後に火口付近に戻ってくると、何やら立入禁止を叫ぶ声が。
近くまで行ってみると、どうにもガス濃度が上がったとのこと。

警備員の「逃げて!!」という声と、パニくりながら車やロープウェイに走る観光客たち(自分たち含めて)。

このシャッター直後、「逃げて!」でした

さっきまで青色だったランプも赤色に。。。
ちょっと喉やられたっぽい後輩もいたし。。。

火口まじこえぇ。。。

【白川水源】
小魚も泳いでたよ

毎分60t(!!)の水が湧き出るという白川水源へ。
あまりの水の透明度にびっくり。

水底から静かに沸きあがる水泡も雰囲気良しでした。

【阿蘇ミルク牧場】
味のある顔

阿蘇観光の最後は牧場へ。
ヤギやヒツジのレースがあるようでしたが、訪問時間が遅くて終了してました。
残念。


ペンション編に続く。

投稿者 nobuhiro : 18:58 | コメント (16) | トラックバック

2009年10月18日

太宰府天満宮

おみくじは末吉。。。福岡きて何杯目だろう・・・

昨日は初の福岡での休みということで、後輩君たちと太宰府天満宮に行ってきました。

天満宮自体は普通すぎてちょっと拍子抜け。
伊勢神宮みたいなのを想像してたのに。。。

それよりも掘り出し物だったのが、天満宮に隣接している九州国立博物館

ちょうど訪問日が開館記念日ということで無料で入れたんですが、中がとてつもなく広く、そしてキレイ。
設備も整ってて、金かかってるなぁって感じ。

そして帰り道中は定番のラーメン。
九州ラーメン総選挙 のランキング1位の暖暮へ。

1位ということで期待しすぎてたのもあって、味は意外と普通だったかも。
今さらだけど、実は細麺あんまり好きじゃないのか!?

投稿者 nobuhiro : 21:04 | コメント (17) | トラックバック

2009年10月04日

いざ、福岡へ!!

おっしょいラーメンにて山笠ラーメンを注文一部の方にはご承知の通り、明日から2ヶ月間福岡出張となりました!!

あ、富山県の福岡じゃないよ。

ということで本日から福岡入りしてるんですが、先刻さっそく博多ラーメン食べてきましたよ。
味は至って普通なんだけど、リーズナブルなお値段だし、これからちょくちょく行くことになるかも!?

そして道々にある美味しそうなお店達よ。
一人では入れなさげな店ばかりだけど、ほんとにモツのお店が多いやね。

モツ鍋、水炊き、焼鳥、中州屋台、焼酎、温泉。。。
あとはコナミスポーツ、レンタカー屋、ボルダリングジム、ライブハウスもチェック済みだよ。

もう、わくわくが止まらない!!

投稿者 nobuhiro : 20:10 | コメント (17) | トラックバック

2009年06月28日

山登り@瑞牆山

奥の突き出たところが金峰山山頂絶景かな。てか怖かった。

今年一番の暑さを更新した昨日、山梨にて山登りしてきました。

いやー良い天気だった。
登山で天候に恵まれたのは、2007年6月の金峰山以来。実に2年振り。

こんな最高コンディションで目の前に岩山があったら、それはもうテンションを抑えられずにはいられませんでした。

そして相変わらず山頂で食べる肉は格別。
今回も周りの「肉焼いてるー!!」のリアクションにニヤリでした。

黒毛和牛の焼ける前黒毛和牛の焼けた後

帰りは韮崎の白山温泉でほっこりしてから帰宅。

きたなくてすみません

これから夏本番ということで、しばらくはマリン系に移行しますが、秋の登山が今から楽しみです。

万歩計歩数は17277歩、写真は帰りの王将で食い散らかした後。

投稿者 nobuhiro : 07:41 | コメント (14) | トラックバック

2009年06月20日

潮干狩り@ふなばし三番

お日柄も良く大量確保後に餞別しました

本日潮干狩りしてきました。

何気に人生初だったり。
だって日本海側には潮干狩りの文化は無いんですよ。←これ本当。

でも地味な作業ながらやっぱり楽しいですね。
天気も良かったし、熊手片手に気分よくハンターハンターでした。

朝おじさんが頑張って撒布してることはあまり考えません。

ちなみに大量ハントしたアサリはバター醤油蒸しとクラムチャウダーにして美味しくいただきました♪

投稿者 nobuhiro : 23:55 | コメント (14) | トラックバック

2009年05月17日

山登り@八方ヶ岳

ガスってるのよ山頂で食べる黒毛和牛は格別です

半年くらいぶりに山登りしてきました。

場所は栃木県の八方ヶ岳。

視界不良のあいにくの天気(前回の磐梯山から2連敗!!)で景色が楽しめなかったのが悔しいですが、雨に振られなかっただけ良かったことにしようかね。

ちなみに行きが3時間弱、帰りが2時間くらいのお手頃コースで、万歩計歩数は19260歩でした。

投稿者 nobuhiro : 13:33 | コメント (12) | トラックバック

2009年04月26日

越谷レイクタウン

行ってきました。昨日ね。

噂通り広かったです。無駄に。

店は沢山あるんですが、店の配置に統一感ないし、メンズ少ないし個人的にイマイチかな。

普通のイオンがただでかくなっただけと思われ。

と辛口ですが、飲食店や雑貨店等いろんなジャンルの店が数多くそろっているので、いろいろ見て回りたい方は是非。

個人的にはまだ入間アウトレットのほうが楽しいかな。

http://www.aeon-laketown.jp/

投稿者 nobuhiro : 20:12 | コメント (12) | トラックバック

2007年12月10日

プチ旅行@河口湖

レンタルしたMTB

先週土日に同期で河口湖旅行してきました。
入社1年目の那須旅行に続く、コテージを借りての1泊旅行です。

初日はレンタルMTBにて河口湖と西湖の湖畔をサイクリングした後に、鍋大会。

サイクリングは天気にも恵まれたし、自然の中を軽快に進む感じでとってもリフレッシュ。
だったのは前半だけで、後半は上り坂も含めて普通にしんどくてへこたれそうにもなりましたが、なんとかみんな無事(?)完走できました。

ちなみにサイクリングの醍醐味のひとつなんですが、上り坂をがんばった分だけの下り坂は今回マジで最高でした。
皆にもその感覚は十分伝わったみたいなので、こりゃ第2弾も企画できるなーって感じです。

鍋は口内炎さえ無ければもう少し楽しめたなぁ。。。

過去最高の富士山を見たシュール

2日目はカチカチ山ロープウェイで富士山や河口湖を展望。
天気がこの上ない快晴でまさに見事の一言。

その後、スワンボートに乗る精鋭達を見守ったり、ほうとう食べたりした後に、自分含めて体調悪い組の3人は早々に退却。

まー早退は少し残念な結末だったものの、今回も大変上質な経験をさせた頂きました。
幹事含め皆さんには感謝ですな。
次回旅行企画は万全の体制で挑みたいものです。

投稿者 nobuhiro : 21:28 | コメント (14) | トラックバック

2007年11月04日

山登り@棒の嶺

昨日行ってきましたよ。
今回のお山は埼玉県の棒の嶺ってところ。

これまでの山登りの中で最も過酷な標高差累計802mを登りきったわけですが、今回のメインはなんといっても沢登り。

この沢登りが実に面白い。

岩の壁に囲まれた沢沿いを突き進むのですが、小石や岩を伝って沢を渡ったり、ロープを使って岩壁を登ったり、ときには壁にへばりつくように登ることもありました。
しかもさらに面白いのが、これといった正解ルートが無く、自分が好きなようにルートを決めて登って行けること。
まさに大自然のアスレチックやね。

紅葉にはちょっとだけ早かったようですが、今回も大満足の山登り。
今回満を持して装備したトレッキングシューズも快調でしたよ。

一点だけ悔やまれるのがカメラ忘れたことだな。。。

投稿者 nobuhiro : 13:25 | コメント (13) | トラックバック

2007年06月24日

山登り@金峰山

O部の帽子ジャマこんな感じの岩山を越えてきました

昨日は山企画第2弾ということで山梨県の金峰山って山を登ってきました。

今回の標高差累計は約500m。
前回の草津白根山と比べると確実に山のレベルは上がっているのに、これでも「初級」らしい。

自分的にはかなりきつい登りがあったり、岩をよじ登っていくところもあったりで、結構なレベルを体感したつもりでしたが、それでもまだまだひよっこだということですな。

しかし山登りは最高ですな。
頂上まで登り切ったときの達成感は格別ですよ。うん、ビール飲みたかったです。
同行者もみんな楽しかったと言ってくれてたし、これは是非秋に第3弾を実現したいものです。

それまでにはトレッキングシューズとか基本的な装備品を揃えないとなぁ。。。

投稿者 nobuhiro : 23:01 | コメント (12) | トラックバック

2006年11月26日

名古屋旅行まとめ

23日~25日と行って来ました。以下、訪問先を列挙です。

<23日>
あつた蓬莱軒[ひつまぶし]
東山動物園東山スカイタワー
世界の山ちゃん[手羽先 等]

<24日>
ボンドコーヒー[小倉トースト]
大須めぐり・大須観音
名古屋港水族館・観覧車
山本屋総本家[味噌煮込みうどん]
風来坊[手羽先テイクアウト]

<25日>
コメダ珈琲[シロノワール]
名古屋城
矢場とん[みそかつ]

特に食に関してはなかなかの豪遊っぷりですな。
というわけで、3日間で名古屋在住1年分にも匹敵するくらいの名古屋尽くしな旅でした。

投稿者 nobuhiro : 11:04 | コメント (12) | トラックバック

2006年11月03日

横浜遠征

自分は3連休には大きな予定を入れたくない人間なので(意味不明)、このところの3連休はひたすら暇だった記憶しかありません。

で、今回はそうはなるまいと必死に頑張ってみたわけですよ。
しかしやっぱり3連休ともなると皆さん色々と予定を入れてるものなんですね。学びました。

そんなわけで結局一人で横浜行ってY勤めの同期とブラブラしてきましたと。
しかし、まー二人だと大人数でいるよりも気楽で良いもんです。ダラダラできます。

さて、みなとみらいでは何もアトラクションも乗らず、赤レンガ倉庫では人の多さから数十秒で外に出て、中華街で入った店のサービス料10%がいただけなかったという今回でしたが、それはそれで大いに良しです。
楽しかったよ。

でも横浜は男同士で行くもんじゃねぇな。

投稿者 nobuhiro : 23:21 | コメント (16) | トラックバック

2006年10月01日

山登り@草津白根山

湯釜への道昨日は同期と山登りしてきました。
行ってきたのは草津にある本白根山ってところ。
とあるガイドブックには「初心者」と書いてあるコースを約3時間くらいかけて歩いてきました。

参考ページ(上部にあるCG地図の赤線とほぼ同じルートを歩きました。)

いやはや、予想以上に景色が素晴らしかったよ。紅葉も若干始まってたしね。
歩いてて一人テンション上がってたわ。
天気にも恵まれたし、初の山企画としては大成功だったと思います。

本白根探勝歩道最高地点(2,160m)より

山に登った後は草津温泉街まで降りてってからまんじゅうと温泉。
温泉は以前も訪ねたことがある西の河原です。
足にきてた疲れも程よく回復できたよ。

と、こんな感じでしたが、今回残念なことに急遽風邪と仕事で行けなかった人も出ちゃったので、気が早いですが、山企画第2弾を是非実現したいものです。
今度は「初心者」じゃなく「初級」クラスの山を選定してね。


最後にどうでもよいことですが、今日の朝起きると体の調子が全然良かったので、午前からボディコンバット1Hourやってきました。
きっと筋肉痛は明日です。

投稿者 nobuhiro : 13:59 | コメント (14) | トラックバック

2006年07月29日

夏本番(?)プールの日

今日は同期数人でプールに行ってきました。
行ったのは東京サマーランド

参加人数が減っちゃったことで当初予定の電車を取り止めて、マイカーにて現地へ向かうことに。
所在地は東京の隅っこ、あきる野市。いやー遠かった遠かった。

でもね、その甲斐もあってほんと楽しかったよ。流れるプールとか波とかね。
その中でも特にフリーフォールスライドってのがやばかった。
高さ17mのところから最大傾斜角度60度で滑る(落ちるとも言う)ウォーターフォール。
一瞬だけど体感的には自由落下ですから。

そんな感じで満足な一日だったわけですが、今回は天気が今ひとつだったのが悔やむところ。
今シーズン中のスカッと晴れた日にでも、もう一回行きたいなぁ。
今回キャンセルせざるを得なかったメンバも含めてね。

しかし、帰りに圏央道入っちゃったのは大チョンボだったな。
同行者各位には申し訳ない気持ちでいっぱいですよ。

投稿者 nobuhiro : 21:52 | コメント (14) | トラックバック

2006年07月23日

ラフティング2006

温泉宿からの眺め昨日会社同期でラフティングに行ってきました。
昨年の長瀞に引き続き、今年は利根川@水上。

最近降り続けた雨のおかげで7月としては例年にはない水量だとのこと。
そのおかげで流れも速く、スリル満点。
長瀞みたいにワザと落ちて漂う余裕はまったくなし。(逆にそれが物足りなかったけど)
まー他ボートで落ちてる人見るとなかなか笑い事じゃなかったしね。

同行メンバでは誰も落ちることなく、無事終了。
ラフティング後には、温泉・まんじゅう・焼肉・浦和もあり、とても有意義な一日だった。

次回はキャニオニングにも挑戦してみたいですな。
というわけで来年は1泊のラフティング&キャニオリングはいかがだろうか。

投稿者 nobuhiro : 23:08 | コメント (16) | トラックバック

2006年07月10日

静岡 大井川鉄道の旅

8、9日と静岡旅行してきました。
文量、画像が多めなので、下記にて旅行記として書き綴ります。

皆さん、秘境駅ってご存知でしょうか?
秘境駅へ行こう!(※注意!音が出ます。)

上記サイトを見てもらうとわかると思いますが、かなり熱いです。ロマンです。
ということで、今回は上記サイトの5位にランクインされている「尾盛駅」を訪問してきました。

さて、その尾盛駅、訪問するためには大井川鉄道という電車で終点の千頭駅まで行き、さらに別の電車に乗り換える必要があります。
で、その大井川鉄道、一日2、3本ですが、なんとSLが走っているのです。

手前の人らは白線を越えてましたやたら美味かったよ

ということでここは当然の如く、SLでの旅を楽しみましたよ。
出発地点の新金谷駅で購入したSL弁当も美味しく、景色も素晴らしい。
自然と尾盛駅への期待も高まります。

そして約1時間20分後に乗り換え地点である千頭駅に到着です。

趣があります

千頭駅到着後は日本で唯一のアプト式電車が走る南アルプスあぷとラインに乗り換えです。
全線の1/3がトンネルと橋梁で占められいるこの路線、景色も雰囲気も格別です。
そんなこんなでガタゴト揺られること約1時間、遂に・・・

悲願達成

どーん。尾盛駅到着です。
降車時に車掌さんに言われました。「ここ何もないですが、いいんですか?」
降りる前からわかってました。
周辺の風景は最初に紹介したサイトの画像そのもの。
はっはー、ほんとなんにも無えぇ。

周辺は家どころは道らしき道もなし。どこにも行けない。
でも次の電車(最終)が来るのが1時間半後。
というわけで・・・

スタンドバイミー風

線路を突き進む。
観光地図を見る限りでは、隣駅までもそこまでの距離じゃなかろうと。
1時間半もあるんだ。行けるとこまで行ってみよう。

※ほんとはかなり宜しくない行為です。
  電車が来ないことが確実にわかってたことに免じて、今回に限りお許し下さいm(_ _)m

待ち受けるは闇

はい、最初の関門です。洞窟トンネル。
あはは、電球の一つもないんだよ、ここ。
携帯のライトも吸い込む漆黒の闇の中をデジカメのフラッシュと暗順応を頼りに一歩一歩進みます。

関の沢鉄橋と暗黒トンネル100m・・・

最初のトンネルを抜けた後、二つほどトンネルがありましたが、どちらも短いトンネルで余裕でクリア。
ということで第2関門、関の沢鉄橋
民間鉄橋の中では100mという日本一の高さを誇ってるらしいです(((( ; ゚д゚)))ヒィイイ
とは言っても足場も安定してたし、割と余裕でクリア。

問題はその先にある第3関門のトンネルです。
足を踏み入れた瞬間にわかりました。これまでのトンネルとは次元が違う。
空気の重たさ、闇の深さがこれまでのそれとは一線を画していました。

ここまで来ておいての撤退は非常に悔やまれましたが、本能が告げます。
「この先は進んではいけない。」
というわけで勇退です。元来た道を戻ります。

おぉ、お迎えが来たよ

そんなこんなで無事尾盛駅まで引き返し、迎えの電車も定刻通りに到着。
なんとか事無きを得ましたとさ。

書くネタはまだまだあるのですが、長くなりすぎるので残りは別の何らかの機会にでも。

(最後に)
家に帰着後、早速地図をチェック
やっぱり長いトンネルだったんだなぁ。。。

投稿者 nobuhiro : 20:21 | コメント (15) | トラックバック

2006年07月06日

初☆長距離出張 To 仙台

美味昨日~今日は初の長距離出張ということで仙台に行ってきました。

何気に仙台は人生においても初なのです。
そんなわけで気分ウキウキな感じでもなかったのですが、テンションは割と上々。

さてさて、たるこい会議・打合せをこなした後はお待ちかね、ビル内食堂にて懇親会です。
和気藹々と飲んでる最中に言われたこと。
「二次会のためにあまり飯を食わない方が良いよ」ですって。

そんなに期待させて良いのかと野暮な心配をしてしまった二次会の会場は利久(HPが割としょぼい)という牛タンのお店。
うん、美味かった。酔っててあんまり覚えてないけど美味かったよ。美味しかったに違いない。

そんなこんなな仙台出張。気が向いたらまた牛タンのために行ってやっても良いよ。

投稿者 nobuhiro : 18:46 | コメント (13) | トラックバック

2005年11月27日

草津旅行memo

湯畑ふむ、この土日と行ってきましたよ、草津温泉。
レンタカーで行ってきたんですが、温泉街の道が狭い&観光客歩行者が多くて最初は困った困った。
が、慣れてしまえば余裕ですな。
「おら、どけ下民通行人ども。」


西の河原公園さて、当該旅行初日は、湯畑ってゆう草津目玉スポット近くの白旗の湯(無料)と足湯と泊まった宿の湯に浸かる。
で、今日は西の河原って温泉施設に訪問。
もうね、ここ広すぎ。

という感じで温泉三昧旅行でした。
宿の料理も美味かったし、満喫。至福。

投稿者 nobuhiro : 20:45 | コメント (15) | トラックバック

2005年10月26日

那須高原の思い出

那須高原に行った思い出。久々の幹事業。想う所は多々あります。だが書く時間が無い・・・そんなわけでまた後日・・・

投稿者 nobuhiro : 00:11 | コメント (15) | トラックバック

2005年10月20日

杞憂だと良いのだが・・・

那須高原やっぱり相当渋滞するみたいだよ。
こりゃ気を引き締めて行かねば。

幸いにも天気は良いみたいですな。

投稿者 nobuhiro : 22:13 | コメント (14) | トラックバック

2005年08月21日

富士サファリパークと温泉

今日で九連休も終わって明日から再び企業戦士な僕です。
こんにちは。

いきなり飛び出してきたよさて、昨日は念願(?)の富士サファリパークに行ってきました。
画像は親キリンの後ろからいきなり現れた子キリン。突然の出現に車中なかなかの興奮ものでした。
他にもクマとかライオンとかゾウとかシカとかいろいろいたんですが、今回のトップはキリンですな。

で、富士サファリって車で園内を回るだけではなく、他にも歩いたりだとか動物とふれあったりだとか、いろんなことができるんですよ。
いい年こいてテンション上がりっぱなしだったのは言うまでもあるまい。
特に良かったのが、赤ちゃんライオンとの写真とカンガルーとのふれあいかな。
うん、カンガルーはめちゃくちゃ可愛いよ。すごいおとなしいし尻尾は重たいし。

そんなこんなでサファリを満喫した後は温泉です。
行ったとこは天山湯治郷ってとこ。
結構入り込んだところにあるにもかかわらず人がいっぱいでした。
今調べててわかりましたがやはりなかなかの有名どころだったみたいです。

そして今回入った温泉は天山ってとこ。入館料は1200円。
こりゃあ、たけー。たけーよ。と思ってましたが、温泉に入ってみるとなるほどこれ納得。
風情溢れる露天風呂にきれいで充実した設備。
人生最高レベルの温泉施設と言っても過言ではなかったです。

そして風呂上りに山法師ってとこで夕食。麦とろごはんがマジで
( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)ウマー(゚Д゚ )(゚Д゚ )(゚Д゚ )(゚Д゚ )

そんなこんなな日帰りプチ旅行。
うん、満足!!な一日でした。

投稿者 nobuhiro : 12:02 | コメント (14) | トラックバック

2005年08月01日

ラフティング

昨日埼玉県の長瀞ってとこでラフティングやってきました。
人生初経験です。

内容の詳細は割愛しますが、いやはや楽しすぎましたよ。
1年に1回はやりたいイベントですね。

でも次は空や海を攻めてみたいと思ったりで欲は尽きません。

投稿者 nobuhiro : 22:15 | コメント (16) | トラックバック

2005年07月19日

淡路島遠征②

遠征最終日の今日についてです。

<19日>
泊まったホテルの景観今日は8時頃に起床です。
で、昨日の夕食と違って朝食は無料券があったので、朝からバイキングを堪能。
いや~昨日のカレーから思ってましたがやっぱいい値段するだけあってうめーや( ゚Д゚)ウマー(゚Д゚ )

で、飯食った後はホテル周りを軽く探検してから、会議場へ。
今日は午前からポスターセッションがあったのでそちらへ参加。
昨日は自身の発表のために他の研究をほとんど聞けなかったわけですが、今日はいろいろと聞くことができました。
しっかし過去にも幾度となく思ったが、画像処理系の研究は知識が乏しいためにほんとに説明に付いていけない・・・インタラクティブやコミュニケーション系ならなんとか研究背景等で話ができるのだけれども・・・

そんなこんなな淡路遠征でしたが、明日の仕事のこともあるし昼過ぎには淡路島を後にしました。
帰りは行きとは若干交通機関を変更することに。
(行き)名古屋-(新幹線)-新大阪-(普通)-舞子-(高速バス)-淡路
(帰り)淡路-(高速バス)-新神戸-(新幹線)-東京
バスから新幹線の乗り継ぎも時間的にうまくいって5時間くらいで妙典に帰ってこれましたとさ。

投稿者 nobuhiro : 21:08 | コメント (15) | トラックバック

淡路島遠征①

今日の夕方に無事妙典に帰ってきました。
それでは淡路島編スタート。

<18日>
この日は朝6時半に起床し、すぐに淡路島に向けて出発しました。

なぜに淡路島に行ったというとMIRUという学会に参加するためなんですね。
会場は淡路夢舞台国際会議場でした。

そんなわけでこの日は自身のポスターセッション発表がありました。
会場の入り口にあった看板セッションの様子セッションの時間は2時間弱あったわけですけど、もうね、思ってたよりも全然喋れなかったね。
社会人になってロジカルコミュも学んで少しはマシになってるかなとも期待していましたが、てんでダメでした。
理由としては自身の研究に関して忘却していることが多すぎたことと喋ることを事前に熟考してなかったことに起因するわけですが・・・

あとはこの日のネタとしては夕食に1800円のカレーを食べたことでしょうか。
今日の出来事もあるしめんどくなったので18日分はお終い。

投稿者 nobuhiro : 20:49 | コメント (18) | トラックバック

2005年07月10日

秩父温泉

昨日は同期と温泉行ってきました。
行ったのはココ

天気に恵まれなかったのが残念だけどすっげー楽しかったですよ。
そば食ったり、温泉にゆっくり浸かったり、おばちゃんの舞いを堪能したり。
その他にも行き帰りの車中や浦和なんかでいろいろな話できたのも良かった。

帰り道で少々迷ってしまったのが反省点だけど、未開拓地にみんなで行くのはやっぱりこの上無い楽しさを味わえます。
今度は泊まりでどこか行きたいもんですな。
そしたらビールが飲める。
飲めるよ。

投稿者 nobuhiro : 09:57 | コメント (19) | トラックバック

2005年07月03日

新宿いろいろ

昨日昼過ぎから新宿行ってきました。

まず最初に行ったのがマルイMEN。
この日からバーゲンだったということもありすごい人でした。
そんな中、久し振りに、いやほんと久し振りに普通の服を買いました。
ちょっとだけだけどね。

さて一緒に行ってた同期とバイバイして次は地元大学時代の友達との飲み。
行った店はココ
まーなんだ、俺が手配したんですけど。

写真を撮って来いと某同期(ポリですが)に言われたわけですが、撮影NGだったので満足いく写真は撮れませんでした。
でも楽しかったですよ(゚∀゚)

投稿者 nobuhiro : 11:24 | コメント (18) | トラックバック

2005年05月01日

犬吠埼

ぶっちゃけると鯉のぼり邪魔今日は友達と関東最東端に位置する犬吠埼ってとこに行ってきました。

展望台や銚子漁港などいくつかの観光名所を訪れたのですが、その中のひとつが画像にもある犬吠崎灯台ってところ。
なんかいろいろと歴史のある灯台みたいで、灯台の隣に比較的新しい資料館もありました。

さて、実際に灯台に登ろうとするとそこは細く急な螺旋階段。
99段あるらしいです。
が、特においしいネタが転がってるわけでもなくなんなく頂上へ。

風が強かったよ画像では伝わりづらいですが眺めは最高でした。
灯台の前に訪ねた展望台も地球が丸く見えるというキャッチフレーズ通りの眺めでとても良かったのですが、それとはまた別種の良さがありました。

というわけで久しぶりの新天地開拓は大成功。
漁港で食べた刺身&鯛の煮物の定食は美味だったしね。

しっかし、運転6時間以上もするとは思わなかったな。

投稿者 nobuhiro : 23:14 | コメント (21) | トラックバック